コンクリートの補修・調査
Home会社概要業務案内取扱工法施工事例技術資料T&日本メンテ開発(株)

HOME >> 技術資料 >> T&日本メンテ開発

11/04/1999
再補修の容易な補修工法
再補修の容易な補修工法
コンクリート構造物の補修は、その耐用年数の間、繰り返し何度でも行うことが可能となる工法を採用すべきと考えます。
 民間のコンクリート構造物は別にして、重要なトンネルや橋梁、発電設備などの公共構造物は、事実上、日常生活上の必須物となっていて、一時もその用途を中止する訳にはいかず、又現実に場所的な問題で作り直しが困難なものが多いと思われます。ということは、技術革新により代替機能施設が出来る迄百年以上の時間オーダーで、構造物を維持し機能を果たさせる必要があります。構造物の劣化は必ず補修したその近辺の弱点部に再度起きますので(コンクリートの劣化は偶然で起きるものではなく、経年に伴う物理現象上の必然の結果として起きるものなので、当然劣化の起きた近辺の場所に又同じ理由の劣化が起きやすい)、構造物の同じ部位に必要の度に劣化補修を行うべきであり、補修工法はそのことを可能とする工法でなければならないでしょう。この意味は、補修材料(充填材料や被覆材料等)が次の補修に対して邪魔するようなことがあってはならないということであります。即ち、構造上の絶対的な強度不足を補う場合は別にして、固化後の補修材は補修の目的に適う限り、コンクリート母体材料より必要以上の強度を持つべきではないと考えます。補修材が母体材料より余りにも大きい強度を持つ(あるいは剛性を持つ)と、第一に鉄筋コンクリ−ト設計上の仮定に反するし、第二に補修材の近傍に、あるいは補修材の裏側に再度劣化が起きたときにその強い材料を越えて補修することが困難となるからであります。
 少なくとも百年持たせなければならない構造物の補修方法は、現状の施工費用の高低のみの観点から選ぶべきではなく、後任者に後の補修で迷惑をかけないという観点から、即ち将来もっとよい方法が現れたら構造物にその方法が採用出来るような環境を保存しておくという観点から、選定すべきであると考えます。


ティーアンド日本メンテ開発株式会社