コンクリートの補修・調査
Home会社概要業務案内取扱工法施工事例技術資料T&日本メンテ開発(株)

HOME >> 業務案内

>> 工法選定基準の考え方

塩害に対する補修・補強工法の選定


要求性能
潜伏期
進展期
加速期
劣化期
適用性
工 法
適用性
工 法
適用性
工 法
適用性
工 法
劣化因子
の遮断
表面被覆
表面被覆
表面被覆
表面被覆
ひび割れ補修
ひび割れ補修
ひび割れ補修
ひび割れ補修
劣化速度
の抑制
電気防食
電気防食
電気防食
電気防食
劣化因子
の除去
電気化学的脱塩
電気化学的脱塩
電気化学的脱塩
断面修復
断面修復
断面修復
耐荷力・変形性能の改善
補強(FRP・鋼板接着や巻立てなど)
打換え
工法選定
の理由
(要求性能)
腐食ひび割れは発生していない。鉄筋近傍では、塩化物イオン量が増加しているので、劣化因子の遮断を優先的に検討する。鉄筋腐食が継続的に発生し、腐食ひび割れに至る段階。劣化因子の遮断だけでは十分な補修効果が期待できないため、鉄筋腐食の進行速度を抑制する工法が優先される。腐食ひび割れが発生以降、急速な腐食が進行する段階。ひび割れ、浮きを生じたコンクリートの除去や、鉄筋腐食の進行を抑制する工法が優先される。必要に応じて、表面被覆を併用する。鉄筋の腐食に伴う断面積の減少により部材の耐荷力の低下が懸念される段階。劣化した部分の断面修復、鋼材腐食の進行を抑制するとともに、部材に耐荷性が懸念される箇所については、補強工も検討する。

ティーアンド日本メンテ開発株式会社