コンクリートの補修・調査
Home会社概要業務案内取扱工法施工事例技術資料T&日本メンテ開発(株)

HOME >> 業務案内

>> 工法選定基準の考え方

中性化に対する補修・補強工法の選定


要求性能
潜伏期
進展期
加速期
劣化期
適用性
工 法
適用性
工 法
適用性
工 法
適用性
工 法
劣化因子
の遮断
表面被覆
表面被覆
表面被覆
表面被覆
(剥落防止)
ひび割れ補修
ひび割れ補修
ひび割れ補修
劣化速度
の抑制
含浸材塗布
(アルカリ付与)
含浸材塗布
(アルカリ付与)
含浸材塗布
(アルカリ付与)
含浸材塗布
(アルカリ付与)
劣化因子
の除去
再アルカリ化
(電気化学的工法)
再アルカリ化
(電気化学的工法)
断面修復
断面修復
耐荷力・変形性能の改善
補強(FRP・鋼板接着や巻立てなど)
打換え
工法選定
の理由
ひび割れは発生していない。鉄筋近傍では腐食発生値までアルカリ性が低下しているので、これ以上の劣化因子の遮断、劣化速度の抑制を優先的に検討する。鉄筋腐食が始まり、最終的には腐食ひび割れに至る段階。鉄筋腐食を促す劣化因子の遮断、劣化速度の抑制を図るとともに、鉄筋腐食の進行が進みひび割れが生じた脆弱部についてはその除去についても検討する。腐食ひび割れが発生したあと、急速に腐食が進行する段階。ひび割れ、浮きを生じたコンクリートの除去と共に、かぶりコンクリート片の剥落により第三者への影響が懸念される箇所については,剥落防止を検討する。鉄筋の腐食に伴う断面積の減少により部材の耐荷力の低下が懸念される段階。劣化した部分の断面修復、剥落防止と共に、部材の耐荷性が懸念される箇所については、補強工も検討する。

ティーアンド日本メンテ開発株式会社