コンクリートの補修・調査
Home会社概要業務案内取扱工法施工事例技術資料T&日本メンテ開発(株)

HOME >> 業務案内

>> 工法選定基準の考え方

アルカリ骨材反応に対する補修・補強工法の選定


要求性能
潜伏期
進展期
加速期
劣化期
適用性
工 法
適用性
工 法
適用性
工 法
適用性
工 法
劣化因子
の遮断
表面被覆
表面被覆
表面被覆
表面被覆
ひび割れ補修
ひび割れ補修
ひび割れ補修
劣化速度
の抑制
拘束
拘束
電気防食
電気防食
含浸材塗布
含浸材塗布
含浸材塗布
劣化因子
の除去
含浸材塗布
含浸材塗布
含浸材塗布
断面修復
耐荷力・変形性能の改善
補強(FRP・鋼板接着や巻立てなど)
打換え
工法選定
の理由
(要求性能)
ひび割れは発生しておらず、残存膨張量は最大となる。この段階では表面被覆あるいは撥水系の表面含浸処理を検討する。被覆材選定には、遮水性、水蒸気透過性、ひび割れ追従性などが重視される。ひび割れが発生しており、膨張速度が大きくなる。Iaの工法にひび割れ補修を組み合わせたものが一般的であるが、膨張量が大きい場合には、拘束工法を適用してもよい。補強材への要求性能としては、コンクリートとの一体性が挙げられる。既に膨張速度は収束しつつある。耐荷力や変形性能の低下が懸念されるような場合には、拘束効果も期待した補強工法が推奨される。そのような懸念のない場合は、表面被覆や表面含浸処理を適用する。膨張は終了しているので、膨張に対する対策は必要ない。コンクリートの物理的劣化状況により、ひび割れ注入、断面修復、補強などを使い分ける。

ティーアンド日本メンテ開発株式会社