コンクリートの補修・調査
Home会社概要業務案内取扱工法施工事例技術資料T&日本メンテ開発(株)
HOME >> 取扱工法 >> ひび割れ処理
09/05/2015

ひび割れ注入によるコンクリート補修工法『アングルC工法』(改訂案)

 



        コンクリートに発生するひび割れは、約90%以上が乾燥収縮に起因するひび割れと言われています。
      これはコンクリートが硬化する際の水分逸脱による体積減少が、内部鉄筋や接触部材に拘束されて発生
      する表面欠陥です。メンテアングルC工法は、単なるひび割れ注入ではなく、コンクリートが本来持つ
      自己修復機能(水和反応)を復活させ、一体化した緻密な構造物を作るための内部治癒型ひび割れ補修
      工法です。





 アングルC工法は、コンクリート構造物に発生したひび割れに対し、当社開発の『アングルCプラグ』を使用してセメントスラリーを注入する、ひび割れ注入工法です。
(日本・米国・欧州・香港特許登録)
 ひび割れ注入工法とは、コンクリートのひび割れにセメント系あるいは樹脂系の材料を注入してクラックを充填・閉塞し、防水性や耐久性を向上させる工法です。アングルC工法では、超微粒子セメントスラリーを低圧で注入することにより、0.1mm以下のひび割れにも注入されることが確認されているため、止水性が要求される補修工事に最適です。

 アングルC工法は、使用する機材や材料を公開し誰でも施工することが出来るオープンな工法としています。弊社ではコンクリート診断士による診断を行い、補修対象に合わせた注入材の選択や注入プラグ取付孔の穿孔方法、注入方法等、確実なひび割れ補修をサポートしています。アングルC工法は平成9年の発表以来、ダム、床版、橋脚、トンネルなどの縦ひび割れや、ビル外壁の浮きに対する多くの注入工事で採用されています。ぜひお問合せください。
注入工法に対する弊社の考え
セメントスラリー注入材
アングルCプラグのご購入は・・・



         強い浸透力を持つ、けい酸ナトリウム・けい酸カリウム
      (5〜150nm)の溶液を、当社開発の『
アングルCプラグ』を
      使って1次注入することで、コンクリート内部のアルカリ成分や
      水和物質と反応し、水管細孔部に不溶性の液体沈殿物(シリカゲル)
      を形成・緻密化して、防水性を向上させます。






         セメントの最大粒径:16μm以下(実際には3〜4μm)の超微粒子
      セメントスラリーを、当社開発の『
アングルCプラグ』を使って2次注入
      することで、けい酸塩系含浸材の1次注入によって形成されたシリカゲル
      の反応を促進し、より緻密なコンクリート組織が形成される。












アングルCプラグ
アングルCプラグ写真
アングルCプラグの特徴
コンクリート構造物の「縦ひび割れ」及びビルディング外壁などの「浮き」を主な対象とした、セメント系ひび割れ補修材を低圧注入するひび割れ補修工法です。
プラグ頭部にワンタッチで注入用ポンプを直接接続して使用するため、注入量に制限がありません。
内蔵する逆止弁によってエア抜き/密閉状態を切替え可能なため、目視で注入完了を確認しながらの確実な施工が可能です。
注入孔への取付け・取外しがワンタッチのパッカー自定式を採用。接着剤の取扱いが不要で取外し後の躯体には何も残しません。
注入プラグは使い捨てで、熟練を必要とせずに誰でも最初から簡単に注入できます。

アングルC工法がセメントスラリーを使用する理由
コンクリートのひび割れは90%以上が乾燥収縮ひび割れ。注入材には強力な接着性よりも防水性が求められます。
コンクリートとセメントは熱膨張係数が同程度であるためコンクリート母材の膨張・収縮に追従可能です。
施工時に乾燥状態を必要とするエポキシ等の樹脂系注入材と違い、親水性のセメントスラリーは施工に天候を選びません。
セメントスラリー注入材は、一般に樹脂系よりも安価で経済的です。

ひび割れ注入工法には水流式ドリルをお勧めします
一般的なコンクリートドリルに比較して振動・騒音が少ないため、施工時間の制限が緩和されます。もちろん、作業者の疲労も軽減します。
水流による潤滑・冷却効果によりドリルの刃先が長持ちします。消耗した場合には先端のドリルチップのみの交換となるため経済的です。
コンクリートドリルによる穿孔に比較すると穿孔時の破片や切削粉による注入口の閉塞を防いでひび割れへの注入不良を低減します。
給水タンクは手軽に利用できる手動加圧式を使用。コネクタや接続ホースも扱いやすいパーツで組み立てています。
お問い合せ先へご案内します。

アングルCプラグおよびアングルC工法関連製品は弊社にて販売しております。
製品カタログ・施工方法・お見積もりなどは、弊社までお問い合わせ下さい。






ティーアンド日本メンテ開発株式会社