コンクリートの補修・調査
Home会社概要業務案内取扱工法施工事例技術資料T&日本メンテ開発(株)
HOME >> 取扱工法 >> ひび割れ処理
11/01/2007

セメントスラリー注入によるひび割れ注入工法『アングルC工法』

 
概要
 アングルC工法とは、当社の開発したセメントスラリー注入プラグ、『アングルCプラグ』を使用する、コンクリート構造物のひび割れ補修を行う注入工法です。注入工法とは、ひび割れ(クラック)にセメント系あるいは樹脂系の材料を注入して防水性や耐久性を向上させる工法で、一般に幅0.2mm〜1.0mm程度のひび割れや浮きに対する補修工法として採用されます。
 アングルCプラグは、素材や熱膨張率が母材であるコンクリートと近く、湿潤状態でも施工可能なセメント系注入材を、簡単に効率よく注入するために自社開発した注入プラグです。ゴムやスプリングの力を使って注入を行う他の自定式注入プラグと同様に作業に熟練は不要で、しかも、一度の注入において注入量の制限が無いため、確実にひび割れを充填します。(「注入工法に対する弊社の考え」もご参照ください)
 アングルC工法は、注入材選択やアングルCプラグ取り付けのためのコンクリート削孔方法、注入方法等、確実なひび割れ補修をサポートします。

特徴
コンクリート構造物の「縦ひび割れ」及びビルディング外壁などの「浮き」を主な対象とする、セメント系ひび割れ補修材を低圧注入するひび割れ補修工法です。
最小隙間幅0.1mm程度までのひび割れに対応可能な(自社試験)、セメントスラリー注入材を低圧(0.3気圧以下程度)で注入する工法です。(日本・米国・欧州・香港特許登録)
注入プラグは使い捨てで、熟練を必要とせずに誰でも最初から簡単に注入できます。
工法器具一式は平成9年9月より販売しており、ダム、床版、橋脚、トンネルなどの縦ひび割れや、ビル外壁の浮きに対する注入工事において、多数の実績があります。
施工方法
 メンテアングルC工法によるひび割れ補修の概略施工方法は次の通りです(技術資料 参照)。



1.電気ドリルにシャンクアッセンブリーを取り付けて水流式ドリルを準備します。
2.水流式ドリルを用いてコンクリート面に斜めに穿孔します。
3.アングルCプラグを着脱工具を使って孔に定着します。プラグは、そのまま自定式となります。
4.プラグをコネクターとコックを介して手押しポンプ(ケミカルポンプ)とつなぎます。
5.各社仕様に従いセメントスラリーを先行注入、本注入します。
6.注入材の固化後、着脱工具を使って、プラグを取り外します。プラグは使い捨てとなります。
7.プラグ取り外し後の注入孔跡を補修します。
販売方法
アングルCプラグは、下記の製品構成にて弊社より販売致しております。
製品カタログ・お見積もりなどは、弊社までお問い合わせ下さい。
お問い合せ先へご案内します。



1.アングルCプラグ、ドリルシャフト・チップ、エアー抜きピン




2.着脱用工具、コック付コネクター、シャンクアッセンブリー
  




3.電気ドリル(市販品)、ケミカルポンプ(市販品)、給水タンク(市販品)


メンテアングルCプラグ用品設計価格(税別) 2010.11.10価格改定



名称

単位

単価(円)

備考



 アングルCプラグ


400 

 1箱200本入



 エアー抜きピン


50 

  1箱20本入



 ドリルチップ


4,380 

 



 ドリルシャフト


4,500 




 着脱工具


8,000 




 コック付コネクター


6,100 




 シャンクアッセンブリー


13,400 




 ケミカルポンプ


43,800 

 ※1



 電気ドリル


20,000 

 ※2



 給水タンク


26,,000 

 ※3




 





推奨市販品






※1 :

友定建機 KC-8+圧力計・その他


※2 :

日立 DW12SA・DW12


※3 :

(株)コンセック サプライタンク T-13A




ティーアンド日本メンテ開発株式会社